katori.gif




天眞正傅香取神道流兵法
 天眞正傅香取神道流兵法は、飯篠長威斉家直公、通称山城守(後伊賀守)を流祖として、後花園天皇の御代より今日に至るまで、千葉県香取の地に伝承している兵法である。
 飯篠家は、代々下総の郷士にして、家直公は、後亀山天皇元中四年(紀元二千四十七年)に、香取郡飯篠村に出生せられた。今を去ること六百八十年前である。
 香取、鹿嶋の地は、兵法の家、武術の家と云われる家柄があって、代々武芸を伝えていた。(*関東七流と云われる)
 公は、幼少の頃より刀槍の術を好んで修行され、又、兵法、軍学を学び、壮年になってからは、幾度の合戦に赴いたが一度として破れた事無く、武名を轟かしていた。
 飯篠の郷に居城を構えていたが、主家たる千葉家が断絶したのを機に、無禄となり、剣のみに生かんとし、武神・経津主大神を祀る香取神宮に参籠して修行に精進せんと決意された。
 六十余歳にして香取の地に居を構えつ、連日斎戒沐浴、粉骨の修行を経て、武術の錬磨の末、竟に大神の加護により、神人合一の妙境を真得し、天下無双の神技を悟り、以てその武藝を多くの子弟に教導するに至る。
 経津主大神(香取大神)の正伝なるをもって、天眞正傅香取神道流と称す。
参考:天眞正傅香取神道流武道教範

香取神道流の技法(事)
居合術
太刀術(剣術)
棒術
薙刀術
槍術(鎗術)
柔術
手裏剣術(口伝)
以上の他、各術に七條、八箇、九重等、極意の事、秘伝が多く、又、忍術戦術、築城術等や天文地理風水、陰陽に至る武芸十八般を網羅した総合武術である。

柔術と手裏剣術について
柔術は稽古をしていないが、その検証を指導部でしている。手裏剣(直打法)は稽古の後で行っている。

剣術指導、参考資料
 映画の中で、香取神道流独特の構えや、血振りを見ることがある。 古流を研究している殺陣師もいるだろうし、ビデオなどを参考にしてとかも。黒澤明監督の『七人の侍』や、『用心棒』では故杉野嘉男翁先生が剣術指導している。
 書籍では、大竹利典師範の『無形文化財香取神道流 Vol.1〜3』や、故杉野嘉男翁先生の『天眞正傳香取神道流武道教範』などが有り、ビデオやDVDも出ている。*参考資料

  
唯心館杉野道場
 故杉野嘉男翁先生が昭和2年9月に講道館柔道修行所の設立許可を得、川崎に道場を開設したのが始まり。
 「これからは柔道だけでなく古武道も勉強せねば」と講道館館長故嘉納治五郎師範の命により香取神道流の修行を始め、又、合氣道の前進である皇式を故植芝盛平師範に就いて修行された。
 昭和10年に、香取神道流川崎支部を許可され、又、昭和29年には合氣会川崎支部を許可され今に至る。
参考:杉野道場創立七十周年記念大会パンフレット


年間行事
稽 古 始 稽古の後のお楽しみ・・・香取のお神酒で乾杯 ☆鏡開きも別の日にお汁粉と酒で!!
花   見 日曜の稽古の後に近くの公園で・・・合氣道のメンバーも参加する?
演   武 靖国神社奉納演武、伊勢山皇大神宮奉納演武、京都武徳殿奉納演武
大   会 日本武道国際連盟演武大会:香取神道流と合氣道の演武。
合   宿 本部道場にて稽古。香取神宮にお参りして、又、稽古。
海外の指導 師範は海外の支部(欧州)に指導に行きます。その間は・・・
審   査 昇級昇段の審査は6月と12月


杉野道場 天眞正傅香取神道流
段級審査要領
基本
組太刀
五級
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 太刀術(切込)
 1ケ条
四級
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 太刀術(切込) 1ケ条、2ヶ条
 太刀術(受)  1ヶ条
参級
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 太刀術(切込) 1ケ条〜3ヶ条
 太刀術(受)  1ヶ条、2ヶ条
弐級
 太刀の他
 棒  正面打、横面打、胴打、脛打
 太刀術(切込) 1ケ条〜4ヶ条
 太刀術(受)  1ヶ条〜3ヶ条
壱級
 太刀、棒の他
 薙刀 正面打、胴打、切上げ、山廻り、草凪
 太刀術(切込) 1ケ条〜4ヶ条
 太刀術(受)  1ヶ条〜4ヶ条
初段
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 棒  正面打、横面打、胴打、脛打
 薙刀 正面打、胴打、切上げ、山廻り、草凪
 (入門後2年以上修行した者)
 太刀術    (切込、受)
 居合     一部
 立居合    一部
 棒術     (切込) 一部
 薙刀術    (切込) 一部
弐段
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 棒  正面打、横面打、胴打、脛打
 薙刀 正面打、胴打、切上げ、山廻り、草凪
 (初段取得後2年以上修行した者)
 太刀術    (切込、受)
 居合
 立居合
 棒術     (切込)、(受) 一部
 薙刀術    (切込)、(受) 一部
参段
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 棒  正面打、横面打、胴打、脛打
 薙刀 正面打、胴打、切上げ、山廻り、草凪
 槍  扱き
 (弐段取得後3年以上修行した者)
 太刀術    (切込、受)
 居合
 立居合
 棒術     (切込、受)
 薙刀術    (切込、受)
四段
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 棒  正面打、横面打、胴打、脛打
 薙刀 正面打、胴打、切上げ、山廻り、草凪
 槍  扱き
 (参段取得後4年以上修行した者)
 太刀術    (切込、受)
 居合
 立居合
 棒術     (切込、受)
 薙刀術    (切込、受)
 五行之太刀  (切込)
 小太刀    (切込)
 両刀     (切込)
 槍術     (切込) 一部
五段
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 棒  正面打、横面打、胴打、脛打
 薙刀 正面打、胴打、切上げ、山廻り、草凪
 槍  扱き
 (四段取得後5年以上修行した者)
 太刀術    (切込、受)
 居合
 立居合
 棒術     (切込、受)
 薙刀術    (切込、受)
 五行之太刀  (切込、受)
 小太刀    (切込、受)
 両刀     (切込、受)
 槍術     (切込)
六段
 太刀 構え
    巻討、横面打、胴打、脛打
 棒  正面打、横面打、胴打、脛打
 薙刀 正面打、胴打、切上げ、山廻り、草凪
 槍  扱き
 (五段取得後6年以上修行した者)
 太刀術    (切込、受)
 居合
 立居合
 棒術     (切込、受)
 薙刀術    (切込、受)
 五行之太刀  (切込、受)
 小太刀    (切込、受)
 両刀     (切込、受)
 槍術     (切込、受)
 五行之棒   (切込、受)
 居合     極意


       
天眞正傳 香取神道流入門案内
香取神道流の流祖は武道中興の祖と云われる飯篠伊賀守家直公で今から六百年の昔、苦心の
末、創始した武道(兵法)です。
武技には太刀術(剣術)、両刀、小太刀、薙刀術、槍術、棒術、手裏剣術等があります。
香取神道流は自己研磨のすばらしい道です。
◎入会資格及び手続き
  小学一年生より老若男女を問いません。
  入門申込書に入門料、会費を添えること。
◎稽 古 日
    日曜日 午前10時〜12時
  毎週 火曜日 午後 3時〜 5時
    土曜日 午後 4時〜 6時
◎入門料及び会費
  入門料  6,000円 会費(月謝)   7,000円
       
      天眞正傳 香取神道流
      杉 野 道 場
      川崎市幸区中幸町3−12
      044(533)6768